Siren.

- ダメ萌え日記 Rebirth -

Bowers & Wilkins / PM1を購入しました。

これまではせいぜい評判のいいイヤホンやヘッドホンを買って聴いて楽しむぐらいでしたが、昨年あたりから急にオーディオ熱が上がりだし、PCオーディオ用にDACやヘッドフォンアンプを購入したり、fixerさん設計のバランスアンプを作成したり、しろくまさんのPhonoka+を予約購入したり、Shanling/M3やLH Labs/Geek WaveといったハイレゾDAPを購入したり、m-Stick DAPとかいうキワモノを作り出したりするなど、様々な事柄に手を出し、首を突っ込み、耳をすましてきました。

そんな中、ヘッドホンとポータブルオーディオについては、ある程度の範囲で満足のいく環境ができてきたのですが、スピーカは15年前に発売された知る人ぞ知る「OP-VH7PC」に付属していた「LS-VH7」というスピーカを使っていました。これはこれで値段よりは良いスピーカだと思うのですが、流石にそろそろお役御免にしたいなぁ、と。そんなわけで、年末あたりからスピーカに照準を絞ってリサーチと試聴を繰り返し、予算の中で自分の好みにあったスピーカを探していました。

大仰な導入部分となりましたが、結果を書くとタイトルの通りBowers & Wilkins(以下B&W)/PM1を購入しました。

PM1は2011年にB&Wの45周年記念モデルとして発売されたスピーカです。当初は価格が30万円台でしたが、生産終了となった805Sのポジションに収められ、805Sと比較されては足りない子と烙印を押され、実売価格もスルスルと20万円台まで落ちてきていました。さらに冠名となる"PM"がシリーズ化される予定でしたが、それが発売中止となったおかげでPM1は一人っ子になってしまうという、ピュアオーディオのスレでは(色んな意味で)残念な子という扱いをされている当機ですが、「実売20万円程度・ニアフィールドリスニング・中高域がよく出て艶やかさ(生々しさ)と解像度があるもの」という僕の嗜好に合うものでしたので、(今のところ)後悔はしてません。お値段は展示品でしたが5年保証がついて17.8万円でした。新品を購入してエージングで音が変わる楽しさを味わうのもいいかなと思ったのですが、どうせ開封したら中古になるんだしなーと考えた末の結論です。

ちなみに以下が他に試聴してきたスピーカの一部です。本当は色々と聴いてきたんですが、品名をメモってなかったせいでほとんど忘れてしまった…。

B&W/685S2・CM6 S2・CM8 S2
ELAC/BS 263
DALI/Rubicon2・Mentor
DYNAUDIO/Excite16・FOCUS140

B&Wは805S(中古1セット25万円前後)と805Diamond(新品1セット50万円以上)が気になっていたのですが、前者は物がなく。後者はPM1よりもランクが上なので、一度聴いてしまったら戻れなくなってしまうのだろうな、という不安から試聴していません。まぁ買い換えたくなったらPM1をオークションに流してグレードアップすりゃいいかーくらいに考えているので、そんときゃそんときです。なお10万円クラスならDALI/Mentorがすごく良かったです。誰かの参考になる気が1mmもしませんが、まぁ戯言なので。

 

とりあえずこれで僕のオーディオライフも一段落つく…はずでしたが…。